代々木上原健療院

for mobile

なぜ、うつ病や自律神経失調症に『整体』を行うのか?

「うつ病に整体? 自律神経失調症の整体? それって効くの?」と思われる方もいるでしょう。

うつ病といえば心の病気と思われています。
自律神経失調症の症状である不定愁訴(病院の検査では異常がないといわれる症状)も
心の問題があるのではと思われています。

だから「薬やカウンセリングがいいのでは?」というのが一般的です。

しかし当院ではうつ病も自律神経失調症も「体の病気」と捉えております。

もちろん心の病気でもありますが、
心と体のどちらを優先して治していくのがいいかというと、
当院では体から治していく方が良いと考えています。

なぜなら体調が悪ければ、それに引きずられるように考え方もマイナスになります。
例えば、おなかが痛い時を思い出してください。
おなかが痛いのが長引くと、またはあまりにも痛すぎると

「ガンかもしれない」
「何か違う病気かもしれない」

と、ものごとをマイナスに考えることはありませんでしたか?

実はこれ、人間として正常の反応なのです。
人間はこのようにして最悪の事態の準備をしようとしているのです。

しかし、体調が悪いのが続くと思考もマイナス状態が続きます。
すると、マイナスの思考が大きなストレスとなり、
体調をますます悪くしてしまうという悪循環に陥ります。

そのため、うつ病でも体を治す必要があるのです。

実際にうつ病の症状として、不眠症や食欲不振、疲労感やめまい、
首や肩のコリ、冷え性や力が入らないといった、体の症状が強く出ます。
そのため、整体で体から治していくことが必要なのです。

体が元気になれば、脳も正常化して、
やる気や意欲が起きない、あせってしまう、という心の症状も改善していくのです。

うつ病・自律神経失調症の整体法はこちら

しかし、体を治しても心の症状が取れない場合があります。
体は元気なんだけど、やる気が起きない、あせってしまう、不安になってしまう。

このような場合には、カウンセリングをお勧めいたします。

うつ病までの経緯とそのタイミングで必要な対策や施療。
  主な症状 対策 治療法など
自律神経失調症

不眠症
食欲不振
2週間以上、疲れが取れない
まぶしく感じることが多い
めまいや耳鳴りを感じる
イライラすることが多い
やる気はあるが、体が付いてこない

睡眠時間を増やす
カフェインを控える
甘いものを控える
週に一度は頭も体も一日中休める
病院で検査を受ける(他の病気が隠れている場合があるため)

生活改善と栄養指導

整体(頭蓋骨調整・内臓調整法など)
心理療法やカウンセリング
投薬(病院等で)

※心理療法・カウンセリングは本院のみ行っております。

軽うつ状態

上記の症状にプラスして、
やる気が徐々になくなって来る

睡眠時間を増やす
カフェインを辞める
甘いものを辞める
ストレスから遠ざかる

生活改善と栄養指導
整体(頭蓋骨調整・内臓調整法など)
心理療法やカウンセリング
投薬(病院等で)

※心理療法・カウンセリングは本院のみ行っております。

うつ病

やる気、意欲がない状態が2週間以上続いている
物ごとに興味や関心がない状態が2週間に以上続いている
体重の減少や増加
不眠症・またはいつも眠たく感じる。
落ち着きがない・焦りを感じる
思考力・集中力・記憶力の低下
自殺を考える

とりあえず、たくさん寝る
眠れなくても横になる
カフェインを辞める
甘いものを辞める
ストレスから遠ざかる

生活改善と栄養指導
投薬(病院等で)
整体(頭蓋骨調整など)
特に重症のうつ病の場合では脳がうまく働かないため、思考力や記憶力に低下がみられる。そのため、この段階でのカウンセリングや心理療法は効果が限りなく低い。この状態で効果があると思われるのは、投薬と整体などの体へのアプローチである。

※心理療法・カウンセリングは本院のみ行っております。

  »







当サイトについて
治療家スタッフ募集中!


当院は、痛みや不快症状を相手に、患者さんと共に戦っています。
渋谷区上原1-24-3
コリドール大川202
0.問合せ 03-6407-2355
代々木上原健療院