代々木上原健療院の「自分に合う過敏性腸症候群(IBS)の治療法を見つけよう」です。

健療院グループ 藤沢本院 川崎分院 上野分院

【お知らせ】

  • 年末年始は2017/12/30(土)~2018/1/5(金)をお休みとさせていただきます。1/6(土)の開院時間は13:45となります。
  • 休院日 2018/1/10(水)終日

自分に合う過敏性腸症候群(IBS)の治療法を見つけよう

2017年 神田昌紀 レポート「過敏性腸症候群(IBS)」

  1. 過敏性腸症候群(IBS)ってどんな病気?
  2. 過敏性腸症候群(IBS)の主な症状は便通異常
  3. 過敏性腸症候群(IBS)は自律神経の乱れで起こる
  4. 過敏性腸症候群(IBS)と脳とストレスは関係している
  5. 自分に合う過敏性腸症候群(IBS)の治療法を見つけよう
  6. 食生活で過敏性腸症候群(IBS)を遠ざけよう


整体

ストレスにより歪んだ体を調整します。構造的ストレスへの対処です。
主に頭蓋骨の調整で血液・リンパ液・脳脊髄液の流れを良くして内臓調整で症状の出ている部位の負担を減らし、自律神経を整えます。

構造的ストレスが増え続けると、うつなどの心の症状へとつながります。
過敏性腸症候群でお困りの方は、症状による不安や焦りを感じている方もいらっしゃると思います。

まずは体が良くなれば心も良い状態へもっていくこともできるので体の調整が最初に必要なのです。


薬物治療

腹部症状、便通状態に応じて

  • 抗コリン剤(主にベンゾジアゼピン系)
  • 緩下剤
  • 整腸剤
  • 粘膜麻痺剤
  • 消化管運動機能調整剤
  • 自律神経調節剤
  • 漢方薬 など

精神状態像に応じて

  • 抗不安剤
  • 抗うつ剤
  • 両剤の併用
  • 眠剤

症状経過に応じて

  • 抗不安剤
  • 抗うつ剤の増量または変更
  • 抗精神病剤

セロトニン関連剤

セロトニンは情動に影響を与える作用や消化管機能を正常に保つ作用もあります。
セロトニンは脳と消化管の両方に分布していますが、体内のセロトニンの約95%は消化管に存在します。(うつの治療に抗うつ剤より食事の改善の方が効果的であることが多いのはこのためかもしれないと言われています。)

消化管に貯蔵されているセロトニンは内臓の痛みのコントロール、そして小腸や大腸の筋肉を動かしたり胃や小腸・大腸への水分調整などをしたりと重要な役割を担っています。
セロトニンの過量は下痢を、低量は便秘をもたらします。


心理療法、心身医学的療法

  • 心的葛藤の発散、心理的緊張を和らげる
    交流分析、行動変容法、バイオフィードバック療法、認知行動療法、森田療法、絶食療法、自律訓練法など
    過敏性腸症候群(IBS)をマネジメントする能力と自信をつける
    腸の動きのモニタリングをする
  • 日常のストレス(イライラする事)
  • なにをいつ食べたか
  • 病気
  • 態度
  • 活動
  • スケジュールの変化
  • ホルモンの変動

リラックス法

緊張してストレスを感じると、呼吸が浅くなります。
ストレスをうまく扱うことで過敏性腸症候群(IBS)をマネジメントします。
呼吸が浅くなると、交感神経が働き、内臓を働かせることが難しくなります。


生活習慣

食事療法

  • 食事の調整(ライフスタイルを変え症状をコントロールする)
食物アレルギー

食物アレルギーは、免疫システムによる食物に対する異常反応が起こっています。
食物アレルギーがある人の場合、いくつかのたんぱく質が消化されずにそのまま腸管から吸収されます。
消化されなかったタンパク質が血流に入ると、免疫系は有害な物質(抗原)と認識し、体を守るために化学物質の銃弾を浴びせます。

化学物質の広範な症状
  • 唇や舌
  • のどの腫れ
  • 嘔吐
  • 吐気
  • 頭痛
  • 胃痛
  • 腹部の痙攣
  • 痒いじんましん など
食物不耐

食物不耐とはある食物を分解、吸収、消化が出来ない状態になることです。
食物不耐がある人では、問題の食物を消化可能にするための酵素が欠損または欠乏しています。
不消化の食物は消火器系に残り、腹部膨満感や痙攣などの症状を引き起こします。

食物不耐では、食物をある程度の摂取で止めるか、頻回に摂取しなければ身体症状を起こさないことが多いとされています。

食物不耐で一般的なのは乳糖不耐です。
乳糖不耐の人が牛乳を飲んでお腹を下したりするのも、このためです。

食物嫌悪

一般的な食物反応は様々な要因が結びついた結果です。
学習経験、体質、社会環境、信念、食事、そして腸管の過敏性、脳内セロトニンのような神経伝達物質のバランスなどです。
これらの要因の組み合わせは食事に対する好みや反応に対して相互に影響しあっています。
では食物嫌悪とはどのような事なのでしょうか。

学習経験

まず、食物嫌悪で強力な影響力を持つものの一つに学習経験があります。
例えば、温かくて味の濃いラーメンを好み満足を感じると、ラーメンは好きだといった好みが形成されます。

また逆もあり、もしラーメンを食べた後に下痢になった場合、ラーメンを食べたことと下痢が起こったことは無関係であったとしても、ラーメンと下痢が関係しているのでは...と考えるでしょう。
これが学習経験による食物嫌悪です。

学習経験による食物嫌悪が強いと、臭いを嗅いだだけで胃の調子が悪くなることもあります。

腸管過敏症

また、食物嫌悪のもう一つの特徴として、腸管過敏症があります。

過敏性腸症候群(IBS)の方は食物の刺激に大変敏感な腸管システムを持っているため、過敏性腸症候群(IBS)でない方に比べ、食後により早く腸管の収縮を起こします。 この反応が食物嫌悪になる準備が整ってしまっているということです。 ですので、過敏性腸症候群(IBS)は特定の食事やタイミングなど様々な要因が関わっています。

このページでは、過敏性腸症候群(IBS)の治療法についてお伝えしました。
過敏性腸症候群(IBS)には、整体、薬物治療、心理療法、心身医学的療法など、いろいろな治療法がありますので、自分に合う過敏性腸症候群(IBS)の治療法を見つけてみてください。
次のページでは、食生活で過敏性腸症候群(IBS)を遠ざけようについてお伝えします。


  1. 過敏性腸症候群(IBS)ってどんな病気?
  2. 過敏性腸症候群(IBS)の主な症状は便通異常
  3. 過敏性腸症候群(IBS)は自律神経の乱れで起こる
  4. 過敏性腸症候群(IBS)と脳とストレスは関係している
  5. 自分に合う過敏性腸症候群(IBS)の治療法を見つけよう
  6. 食生活で過敏性腸症候群(IBS)を遠ざけよう


代々木上原健療院(よよぎうえはらけんりょういん)は、
整体療法専門家集団と言われる健療施術院の代々木上原分院。
本院は藤沢市にて1992年からの実績がある。
グループ全体で整体術はもちろんのこと、解剖学・生理学・
姿勢分類学・東洋医学・心理学・栄養学・カウンセリング
技法など症状に関わる全てのことを日々研究・勉強している。


うつ病・自律神経失調症などの対処法を院内研修で常に行っている。

健療施術院主催のうつ病・自律神経失調症の研究会には、神奈川県内からだけでなく、大阪・奈良・仙台・栃木・茨木・埼玉・東京・千葉・高知・新潟・富山・滋賀からも多くの先生が集まっている。

あなたの代役は一人もいません!
あなたが倒れたら、あなたの仕事・家事・子育ては誰がするのですか?
もうダメだと倒れる前に整体院ご来院下さい。

当整体院は、渋谷区・三軒茶屋・二子玉川・代々木上原・新宿・世田谷区など首都圏から来る患者さんが多い整体院です。
自律神経失調症、肩こり、腰痛、めまい、耳鳴り、顎関節症、冷え性、不眠症、頭痛・失感情症などの症状の方がお見えになります。

代々木上原健療院
〒151-0064 東京都渋谷区上原1-24-3 コリドール大川202
電話 03-6407-235503-6407-2355 / FAX 03-6407-2356

整体の施術に専念できるよう、お昼休みは休養させていただいています。
12:00~13:35まではお電話が留守番電話になります。ご了承下さい。

このページの先頭へ

自律神経失調症・うつ病・肩こり・腰痛・耳鳴り・めまい・顎関節症・不眠症・冷え性・失感情症等の方
渋谷区・三軒茶屋・二子玉川・代々木上原・新宿・世田谷区・など首都圏からご来院です。
本院院長が出版しました。

スタッフブログ

自律神経失調症・うつ病のためのメールマガジン
メールアドレス

うつ病・自律神経失調症の整体専門家集団「健療院グループ」

整体師スタッフ募集

QRcode
携帯からもご覧頂けます。

代々木上原健療院
〒151-0064 東京都渋谷区上原1-24-3 コリドール大川202
電話 03-6407-235503-6407-2355 / FAX 03-6407-2356

整体の施術に専念できるよう、お昼休みは休養させていただいています。
12:00~13:35まではお電話が留守番電話になります。ご了承下さい。