代々木上原健療院の「食生活で過敏性腸症候群(IBS)を遠ざけよう」です。

藤沢本院 川崎分院 上野分院

【お知らせ】

食生活で過敏性腸症候群(IBS)を遠ざけよう

2017年 神田昌紀 レポート「過敏性腸症候群(IBS)」

  1. 過敏性腸症候群(IBS)ってどんな病気?
  2. 過敏性腸症候群(IBS)の主な症状は便通異常
  3. 過敏性腸症候群(IBS)は自律神経の乱れで起こる
  4. 過敏性腸症候群(IBS)と脳とストレスは関係している
  5. 自分に合う過敏性腸症候群(IBS)の治療法を見つけよう
  6. 食生活で過敏性腸症候群(IBS)を遠ざけよう


過敏性腸症候群(IBS)は、

  • 食事日誌をつける
  • 食べたもの、タイミング
  • 食事の際に書き、正確に記録する

など、記録をつける事で改善や予防のための手がかりを増やします。


下痢型

下痢型は栄養を吸収する前に食物を排出してしまうため、栄養障害の問題があります。
栄養障害に対しては、高たんぱくでミネラル、ビタミンを十分に含んだ食事を摂取することが大切です。

化学的にも機械的にも小腸および大腸粘膜を刺激しないようにします。
例えば冷たいもの、アイスのような乳製品、人工甘味料のソルビトール、果糖添加化物、コーヒー、炭酸飲料(ガスの発生)などの刺激性の高いもの、繊維の少ない食物、資質を多く含むもの(腹部膨満感と不快感)、また発酵しやすい食物(豆類など)は避けた方が良いでしょう。
脂肪分の少ない食事をしましょう。例えば、

焼き方

油を大量に使うフライではなく、

  • 直火焼き
  • オーブン焼き
  • 網焼き
  • あぶり焼き

油の代わりに

ソテーするときは油、バターでなく、

  • チキンスープ
  • 野菜スープ
  • トマトジュース
  • ワイン
  • 低脂肪のもの

をつかう。

食べ方

普段から

  • 空腹を感じてから食べる
  • 満腹を感じづらく、食べ過ぎてしまうため、テレビやパソコンスマホを見ながら食べない
  • よく噛みゆっくり食べる

ことが大切です。


便秘型

腸の緊張をとるため、下痢型と同様に刺激の強いものを制限し高繊維食が望ましいです。
繊維は全粒粉、野菜、豆類、果物、木の実、種子類など植物性食品にふくまれています。
肉、チーズ、卵といった動物性食品には含まれていません。

さらに、繊維は可溶性繊維と不溶性繊維の二つに分けられます。

可溶性繊維

可溶性繊維は、一部が水に溶けて消化管内で柔らかいゲル状になります。
スポンジのように水を吸収するので、便の容積を増やし軟化することにより、かたい便や水分の少ない便が少なくなります。
可溶性繊維を多く含むものはオートミール、豆類、さやえんどう、玄米、大麦、柑橘類、イチゴ、リンゴの果肉です。

不溶性繊維

不溶性繊維は、水に溶けずほとんど変化することなく消化管を通過します。
また天然下剤として作用し便の通過を早めるのが特徴です。

不溶性繊維を含む全粒粉パン、ニンジン、芽キャベツ、カリフラワー、りんごの皮、香辛料は極力控え、アルコール、カフェイン炭酸はできるだけ摂取しない方が良いでしょう。
繊維の効果を上げるために、たくさんの水とともに摂取しましょう。

奇跡的な即効性のある食事法はないので、症状を悪化させる食品をよく理解し、適切な量の栄養素とカロリーからなる健康的な食事をとることが最も有益な方法です。


生活パターンを変えてIBSを改善しよう

身体の負担がある時はしっかりと身体を休めることが大切です。
規則正しい生活や適度な運動が基本となります。
なかなか今までの生活パターンから抜け出せない方も、まずは一歩踏み出し違う生活パターンをつくることが改善、予防の近道になることでしょう。


  1. 過敏性腸症候群(IBS)ってどんな病気?
  2. 過敏性腸症候群(IBS)の主な症状は便通異常
  3. 過敏性腸症候群(IBS)は自律神経の乱れで起こる
  4. 過敏性腸症候群(IBS)と脳とストレスは関係している
  5. 自分に合う過敏性腸症候群(IBS)の治療法を見つけよう
  6. 食生活で過敏性腸症候群(IBS)を遠ざけよう


代々木上原健療院(よよぎうえはらけんりょういん)は、
整体療法専門家集団と言われる健療施術院の代々木上原分院。
本院は藤沢市にて1992年からの実績がある。
グループ全体で整体術はもちろんのこと、解剖学・生理学・
姿勢分類学・東洋医学・心理学・栄養学・カウンセリング
技法など症状に関わる全てのことを日々研究・勉強している。


うつ病・自律神経失調症などの対処法を院内研修で常に行っている。

健療施術院主催のうつ病・自律神経失調症の研究会には、神奈川県内からだけでなく、大阪・奈良・仙台・栃木・茨木・埼玉・東京・千葉・高知・新潟・富山・滋賀からも多くの先生が集まっている。

あなたの代役は一人もいません!
あなたが倒れたら、あなたの仕事・家事・子育ては誰がするのですか?
もうダメだと倒れる前に整体院ご来院下さい。

当整体院は、渋谷区・三軒茶屋・二子玉川・代々木上原・新宿・世田谷区など首都圏から来る患者さんが多い整体院です。
自律神経失調症、肩こり、腰痛、めまい、耳鳴り、顎関節症、冷え性、不眠症、頭痛・失感情症などの症状の方がお見えになります。

代々木上原健療院
〒151-0064 東京都渋谷区上原1-24-3 コリドール大川202
電話 03-6407-235503-6407-2355 / FAX 03-6407-2356

整体の施術に専念できるよう、お昼休みは休養させていただいています。
12:00~13:35まではお電話が留守番電話になります。ご了承下さい。

このページの先頭へ

自律神経失調症・うつ病・肩こり・腰痛・耳鳴り・めまい・顎関節症・不眠症・冷え性・失感情症等の方
渋谷区・三軒茶屋・二子玉川・代々木上原・新宿・世田谷区・など首都圏からご来院です。
本院院長が出版しました。

スタッフブログ

自律神経失調症・うつ病のためのメールマガジン
メールアドレス

うつ病・自律神経失調症の整体専門家集団「健療院グループ」

整体師スタッフ募集

QRcode
携帯からもご覧頂けます。

代々木上原健療院
〒151-0064 東京都渋谷区上原1-24-3 コリドール大川202
電話 03-6407-235503-6407-2355 / FAX 03-6407-2356

整体の施術に専念できるよう、お昼休みは休養させていただいています。
12:00~13:35まではお電話が留守番電話になります。ご了承下さい。