代々木上原健療院の「ストレスが心身に与える影響」です。

藤沢本院 川崎分院 上野分院

【お知らせ】
誠に勝手ながら、下記日程は休院とさせていただきます。

  • 6月21日(水)、7月5日(水)、19日(水)終日
  • 7月11日(火)15時15分以降

ストレスが心身に与える影響

2013年 佐藤優 レポート「不安と脳」

  1. 不安障害の種類
  2. 脳の各部分と機能
  3. ストレスが心身に与える影響
  4. 不安を解消する方法


このページでは、

についてお伝えしています。


ストレス対処のしくみ

  • 不安などで、ストレスを覚える
      ↓
  • 視床下部―下垂体―副腎という経路(HPA系)が働く
      ↓
  • 視床下部から下垂体へ副腎皮質刺激ホルモン放出因子(CRF)という物質が出る
      ↓
  • 副腎皮質刺激ホルモン放出因子(CRF)を受け取った下垂体は、副腎へ副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)というホルモンを出す
      ↓
  • 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)を受け取った副腎は、アドレナリンコルチゾールというホルモンを出す
      ↓
  • アドレナリンは、体を緊張・興奮させ、ストレスに対処できるようにしている
      ↓
  • コルチゾールは、いざという時のためにエネルギーを生み出せるよう、体内のブドウ糖や脂肪を増やし、ストレスに対処できるようにしている

このアドレナリンの働きで、橋(きょう)のノルアドレナリンに火が付き、交感神経が働きます。

また、コルチゾールの働きで、活動するエネルギーを確保し、「闘うか」「逃げるか」という「闘争・逃走反応」が起こり、ストレスに対処できるようにしていくのです。


短期的なストレスと長期的なストレス

短期的なストレスによって交感神経が緊張しているのであれば、

  • 血圧の変化
  • 呼吸数の増加
  • 免疫機能が高まる

など、ストレス状況に対処できる体にしてくれるので、問題はありません。

しかし、長期的なストレスによって慢性的に交感神経が緊張してしまうと、不安状態になりやすく、免疫機能も疲労して病気にかかりやすくなります。

さらには、脳の忙しさによって、ノルアドレナリンやセロトニン、ドーパミンなどの神経伝達物質が不足し、脳機能のバランスが保てなくなってうつ状態になる可能性もあります。

また、コルチゾールにはもう一つ役割があります。

コルチゾールが血液に乗って視床下部に到達すると、視床下部―下垂体―副腎の経路(HPA系)を鎮めてストレス反応を軽減させるという自制機能が働きます。

この機能は優秀ですが、繰り返しストレスが降りかかってくると、副腎の機能が過剰になってしまうのです。

すると、コルチゾールの増えすぎで、海馬などの脳の神経細胞が壊されてしまいます。


ストレスとパニック発作

強いストレスを受ける状況でなくても、過剰なストレス反応を起こすことがあります。
これは、視床下部―下垂体―副腎の経路(HPA系)の機能が過敏になっていると起こります。

特に、幼少期に受けた強いストレス(トラウマなど)の影響があると、過敏な経路が作られてしまうのです。
そういう方は、一般的に弱いストレスでも非常に重大なことと受け止めて、強い交感神経の緊張が起こります。

この状態が癖になると、次第に不規則な脳の緊張が起こるようになり、何の被害がなくても交感神経が緊張することになるのです。
これが突然起こるパニック発作なのです。

一度パニック発作を経験すると、その壮絶な恐怖が「また...」という予期不安に駆られて、発作に関連する行動を避けてしまい、いよいよパニック障害へと症状が進んでいくことになるのです。


ストレスと症状

「ストレスは発散しなきゃ」とよく言われますね。

ストレスを受けて交感神経が緊張するということは、体がエネルギーを生み出し、活動的になるということです。

ストレスを受けても、生み出されたエネルギーの適切な発散が行われれば体に害はありませんが、ストレスを我慢・抑圧することが習慣化して、エネルギーの発散が行われないと体に害が出てきます。

身体的症状では、

  • 首こり
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 腰痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 不眠

心理的症状では、

  • イライラ
  • 不安
  • 焦燥感

などです。

これらは、交感神経の緊張による自律神経失調症状です。
つまり、適切な発散が行われず、体に残ったエネルギーがくすぶっているのです。

くすぶったエネルギーが交感神経や筋肉を緊張させれば「コリ」が出来上がり、痛みがでます。

こうして、血流がスムーズで無くなればめまいや耳鳴りが起こり、脳の興奮が治まらなければ不眠となるのです。

これらの症状は、体がなんとかエネルギーを発散させようと頑張った結果なのです。



  1. 不安障害の種類
  2. 脳の各部分と機能
  3. ストレスが心身に与える影響
  4. 不安を解消する方法


代々木上原健療院(よよぎうえはらけんりょういん)は、
整体療法専門家集団と言われる健療施術院の代々木上原分院。
本院は藤沢市にて1992年からの実績がある。
グループ全体で整体術はもちろんのこと、解剖学・生理学・
姿勢分類学・東洋医学・心理学・栄養学・カウンセリング
技法など症状に関わる全てのことを日々研究・勉強している。


うつ病・自律神経失調症などの対処法を院内研修で常に行っている。

健療施術院主催のうつ病・自律神経失調症の研究会には、神奈川県内からだけでなく、大阪・奈良・仙台・栃木・茨木・埼玉・東京・千葉・高知・新潟・富山・滋賀からも多くの先生が集まっている。

あなたの代役は一人もいません!
あなたが倒れたら、あなたの仕事・家事・子育ては誰がするのですか?
もうダメだと倒れる前に整体院ご来院下さい。

当整体院は、渋谷区・三軒茶屋・二子玉川・代々木上原・新宿・世田谷区など首都圏から来る患者さんが多い整体院です。
自律神経失調症、肩こり、腰痛、めまい、耳鳴り、顎関節症、冷え性、不眠症、頭痛・失感情症などの症状の方がお見えになります。

代々木上原健療院
〒151-0064 東京都渋谷区上原1-24-3 コリドール大川202
電話 03-6407-235503-6407-2355 / FAX 03-6407-2356

整体の施術に専念できるよう、お昼休みは休養させていただいています。
12:00~13:35まではお電話が留守番電話になります。ご了承下さい。

このページの先頭へ

自律神経失調症・うつ病・肩こり・腰痛・耳鳴り・めまい・顎関節症・不眠症・冷え性・失感情症等の方
渋谷区・三軒茶屋・二子玉川・代々木上原・新宿・世田谷区・など首都圏からご来院です。

スタッフブログ

自律神経失調症・うつ病のためのメールマガジン
メールアドレス
当院が初めての方 うつ病/自律神経失調症の方 慢性的な肩こりの方 自律神経失調症の整体法 不眠症の整体 めまいの整体 顎関節症の整体法 不妊症の原因と整体法 妊娠中・出産後の整体法

 

当整体理論 当整体院の方針 当整体に適した症状 よくあるご質問 あなたの健康豆知識 整体師レポート 無料 自律神経勉強会 メディア掲載履歴

うつ病・自律神経失調症の整体専門家集団「健療院グループ」

整体師スタッフ募集

本院院長が出版致しました
うつ病・自律神経失調症 治る人治らない人 出版
うつ病・自律神経失調症
治る人治らない人
メタモル出版

ご購入はこちら

QRcode
携帯からもご覧頂けます。