健療院グループ 藤沢本院 川崎分院 上野分院

うつは栄養療法で治せる

2014年 高木裕司 レポート「うつは栄養療法で治せる」

  1. うつは栄養療法で治せる
  2. うつの方は、低コレステロールの方が多い
  3. うつを防ぐために、脳が必要とする栄養素


今回、私が栄養療法をテーマに選んだ理由は、実際、毎日のようにうつの患者さんとお話ししていると、かなりの割合で「この人の食生活悪いなぁ」と思うことが多々あり、それと同時に、医者からもらった薬でよくなっている人がほとんどいなくて、なぜ、薬を飲んでも良くならないのだろうか?と感じていたからです。

では、「うつの栄養療法」とはどんなことなんでしょうか?
簡単に説明すると「栄養の力を使ってセロトニンなどの脳内物質を補う」ということになります。

患者さんの中には「栄養だって~、医者から出される薬をいろいろ試してきたのに本当に栄養で良くなるの?」と思う方が多くいると思いますが、事実、うつに栄養療法は有効なのです。
それでは、なぜ薬では良くならないのに栄養で良くなるのでしょうか?

うつの原因は脳の栄養不足だった

血液、骨、リンパ液、筋肉、臓器、人体のありとあらゆるものは食べた物の栄養で作られていることが誰でもすぐに分かると思いますが、うつで減少してしまうセロトニンなどの脳内物質も同様に栄養で作られているのです。

つまり、栄養療法とは、食事やサプリメントなどから特定の栄養素を摂ることで、減少してしまったセロトニンなどの脳内物質の生成を促す治療法を言うのです。
例えば、貧血なので血液の材料となる鉄分やたんぱく質を取る、骨粗しょう症改善させるためにカルシウムをたくさん摂るといったことと同じなのです。

うつの治療法、「栄養療法」と「薬物療法」の違い

現在のうつの治療では、薬を飲んで休むだけというのが主流のようですが、抗うつ剤(SSRI)などではセロトニンなどの脳内物質を薬の作用で補うだけで、根本的に脳内物質を増やすことが出来るわけではありません。
そのため、セロトニンが多く脳内に存在するうちは効果がありますが、セロトニンが枯渇してしまえば全く効果を示さなくなるのです。

しかし、栄養療法には伝達物質の生成自体を促すので薬物療法とは大きく異なるのです。
その意味では、薬は一時的な対症療法であるのに対して、栄養療法は根本的な治療と言えるでしょう。

現在、うつの原因はセロトニンやノルアドレナリンといった脳内物質の不足によって引き起こされると言われていますが、これを「モノアミン仮説」いいます。
しかし、それ以外にもドーパミンやアセチルコリン、メラトニンなどが関与していることもあり、単一の物質の動きだけを良くする事を対象としている薬では限界が出てくるのです。

次に、脳そのものにも焦点をあてたいと思います。
最新のうつの研究によって、うつの患者さんの脳には大きな問題が起こっていることがわかったのです。

一つ目は、「脳細胞の死滅=脳の委縮」という問題です。
東北大学の松沢博士は、うつ患者の海馬や扁桃体周辺の脳細胞が死滅していると指摘しており、PETという装置でうつの脳を視覚的に観察することでこの事実を発見しました。

海馬は記憶をコントロールする部位で、扁桃体は感情をコントロールする部位です。
恐怖とか不安、あるいは怒りや喜びなどを原始的でシンプルな感情に関与しているのがこの扁桃体ですので、

  • 記憶が低下する → 海馬の委縮
  • 感情がコントロール出来なくなる → 扁桃体の委縮

ということなのです。

うつになると、脳細胞が死滅する

うつになると、海馬や扁桃体が委縮する

人間は大きなストレスを受けると、血液中のコルチゾールが増加し、それが慢性的に続くと空間認知や学習能力を担う海馬に神経変性や細胞死を促す働きがあるのです。

コルチゾールとは副腎から分泌されるホルモンで、血糖値やイオンバランスをコントロールする作用があります。
コルチゾールはストレスによって過剰に分泌されることが分かっており、うつによる細胞の萎縮はこのコルチゾールが深く関わっているのです。

このことから、ストレスによって脳にダメージが与えられると言えるのです。
そのため、うつの対策としては、まずストレス量を減らし、過剰に分泌されるコルチゾールを抑えることが重要なのです。

うつになると、脳の血流がアンバランスになる

うつの患者さんの脳では、深部辺縁系や前帯状回、基底核の働きが過剰になっている一方、新皮質の前頭葉では活動が低下していることが発見されました。
一般的には、うつの患者さんの脳では血流が悪くなっているとイメージされがちですが、実際はそうではなく、血流が低下している部位がある反面、他の部位では血流が多くなり、働きが過剰になるため、そのことで脳をうまくコントロールできなくなっているというのが真実なのです。

うつになる原因は、複合的な脳の問題

うつでは気持ちが落ち込むといった気分に関わる問題だけでなく、記憶力の低下、不眠、無気力、集中力の低下、頭が回らないといった能力に関わる問題も起こりますが、それは

  • アセチルコリンといった学習に関わる脳内物質の低下
  • メラトニンの分泌異常
  • ドーパミンの分泌異常
  • 海馬や扁桃体の委縮
  • 脳の血流のアンバランス

というように複合的な問題が起こっていることが原因です。
脳に起こっている問題も人によって違うため、人によって抗うつ剤が効いたり効かなかったりするのです。


うつの原因と、栄養療法で治せる理由についてお分かりいただけたでしょうか。
このあとのページでは、うつと低コレステロールの関係や、血液検査の見方についてお伝えしていきます。


  1. うつは栄養療法で治せる
  2. うつの方は、低コレステロールの方が多い
  3. うつを防ぐために、脳が必要とする栄養素

代々木上原健療院(よよぎうえはらけんりょういん)は、
整体療法専門家集団と言われる健療施術院の代々木上原分院。
本院は藤沢市にて1992年からの実績がある。
グループ全体で整体術はもちろんのこと、解剖学・生理学・
姿勢分類学・東洋医学・心理学・栄養学・カウンセリング
技法など症状に関わる全てのことを日々研究・勉強している。


うつ・自律神経失調症などの対処法を院内研修で常に行っている。

健療施術院主催のうつ・自律神経失調症の研究会には、神奈川県内からだけでなく、大阪・奈良・仙台・栃木・茨木・埼玉・東京・千葉・高知・新潟・富山・滋賀からも多くの先生が集まっている。

あなたの代役は一人もいません!
あなたが倒れたら、あなたの仕事・家事・子育ては誰がするのですか?
もうダメだと倒れる前に整体院ご来院下さい。

当整体院は、渋谷区・三軒茶屋・二子玉川・代々木上原・新宿・世田谷区など首都圏から来る患者さんが多い整体院です。
自律神経失調症、肩こり、腰痛、めまい、耳鳴り、顎関節症、冷え性、不眠症、頭痛・失感情症などの症状の方がお見えになります。


このページの先頭へ

自律神経失調症・うつ・肩こり・腰痛・耳鳴り・めまい・顎関節症・不眠症・冷え性・失感情症等の方
渋谷区・三軒茶屋・二子玉川・代々木上原・新宿・世田谷区・など首都圏からご来院です。
本院院長が出版しました。

スタッフブログ

自律神経失調症・うつのためのメールマガジン
メールアドレス

うつ・自律神経の整体専門家集団「健療院グループ」

整体師スタッフ募集

代々木上原健療院
〒151-0064
東京都渋谷区上原1-24-3 コリドール大川202
電話 03-6407-235503-6407-2355 / FAX 03-6407-2356


お知らせ

  • 整体の施術に専念できるよう、お昼休みは休養させていただいています。
    12:00~13:35までは留守番電話になります。ご了承下さい。
  • 休院日 2018/9/4(火)、9/5(水)