健療院グループ 藤沢本院 川崎分院 上野分院

やる気が起きない・無気力の2つの原因

2018年 浅野祐樹 レポート「やる気が起きない」と自律神経の関係

  1. やる気が起きない・無気力の2つの原因
  2. 自律神経が乱れると、無気力になる
  3. 自律神経を鍛えて、無気力を改善


やる気が起きないことを「無気力」といいますが無気力には、大きく分けて二つの種類があることをご存知でしたか?
それは、無気力症候群と無気力です。
あなたはどちらに入るか、どうぞご覧になってみて下さい。

興味があることには意欲的な無気力症候群

無気力症候群の場合は、興味がある事には意欲が湧きます。
例えば、学生が「勉強はやる気が出ないけど、部活のサッカーはやる気が出る」会社員が「会社の仕事にはやる気が出ないけど、副業でやっている仕事にはやる気がでる」などです。
つまり、特定の事には意欲が湧くのが無気力症候群です。

無気力症候群に関しては精神的なものや環境の変化で症状が出やすい傾向にあります。
そして、自律神経とも深く関りがあります。無気力症候群になりやすい環境を以下にまとめました。

自律神経の乱れから起こる五月病

ゴールデンウイーク明け頃に症状が出やすいです。
主な症状として、一時的に体がだるくなったり、やる気が出なかったりします。

三月や四月は環境の変化がありストレスが溜まりやすい時期です。
そして体にとっても自律神経が乱れやすい時期でもあります。
それは、春時は冬から夏の体に向けて体が変化することを自律神経が調節するからです。
その調節するときに自律神経に負担がかかり、自律神経失調症になることもあります。

報われないときに起こる燃え尽き症候群(バーンアウト)

仕事や学業が、期待していた結果にならなかったとき、一気にやる気や気力が湧かなくなる状態です。
頑張ってやり続けてきたことが報われないときに、気持ちが耐えきれず、やる気が無くなります。

職業で多いのは、特に人と関わり尽くす仕事の方です。
接客業や介護に看護、教師、アテンダントのように、人の為に尽くしても、素直に聞いてくれない人に対して我慢が出来なくなり、燃え尽きてやる気が出なくなります。

人とのコミュニケーションで、考え方に同意してもらえた時や、共感をしてもらえた時に、自律神経の一つである副交感神経が働きます。
相手に受け入れてもらえない状態が続くと交感神経が働いている状態が続き、最後までエネルギーを出し尽くして、人に尽くすエネルギーがなくなります。
そうなると、人と関わることや、目的や目標に向かうエネルギーがなくなってしまい、無気力になります。

興味があることにも意欲を失う無気力

無気力は、興味があったことに対しても興味がなくなる、やる気がない、意欲がなくなるという状態です。
今まで好きで取り組んでいた趣味や仕事、何事に対しても、理由は分からないが興味、意欲が無くなる状態です。 この状態は主に体も関わってきます。

興味や意欲を持つことは交感神経の働きで、交感神経はエネルギーがないと働きません。
なので、交感神経を働かせるエネルギーがない状態です。

こうなるのは、残り少ないエネルギーを使い切らないようにするために体が防衛本能でやる気や意欲を無くすからです。
興味や意欲が湧かなくなることは、正常な体の働きのため特に問題はなく、むしろ体を守るための大事な機能が働いているという事です。

無気力のチェックリスト

  • 最近、集中力が欠けることが多い
  • 前より笑えなくなった
  • 全身だるいことが多い
  • 前は興味あったことに興味がなくなってしまった
  • 力を入れにくい
  • 立ちくらみをするようになった
  • 前よりも声が小さくなった
  • 休日は趣味に費やしていたが、最近は体を休めることに専念している
  • 決断力の低下や人の誘いを断わることなど自分の意思を通せないことが多い
  • 前よりも感情が湧いてこない

6個以上当てはまる方は無気力の可能性が高いですので、専門家への相談が必要になります。


無気力といっても、無気力症候群と燃え尽き症候群(バーンアウト)の2つの種類があることをお分かりいただけましたでしょうか。
このあとのページでは、無気力になる原因や、無気力の改善法もお伝えしていきます。


  1. やる気が起きない・無気力の2つの原因
  2. 自律神経が乱れると、無気力になる
  3. 自律神経を鍛えて、無気力を改善

代々木上原健療院(よよぎうえはらけんりょういん)は、
整体療法専門家集団と言われる健療施術院の代々木上原分院。
本院は藤沢市にて1992年からの実績がある。
グループ全体で整体術はもちろんのこと、解剖学・生理学・
姿勢分類学・東洋医学・心理学・栄養学・カウンセリング
技法など症状に関わる全てのことを日々研究・勉強している。


うつ・自律神経失調症などの対処法を院内研修で常に行っている。

健療施術院主催のうつ・自律神経失調症の研究会には、神奈川県内からだけでなく、大阪・奈良・仙台・栃木・茨木・埼玉・東京・千葉・高知・新潟・富山・滋賀からも多くの先生が集まっている。

あなたの代役は一人もいません!
あなたが倒れたら、あなたの仕事・家事・子育ては誰がするのですか?
もうダメだと倒れる前に整体院ご来院下さい。

当整体院は、渋谷区・三軒茶屋・二子玉川・代々木上原・新宿・世田谷区など首都圏から来る患者さんが多い整体院です。
自律神経失調症、肩こり、腰痛、めまい、耳鳴り、顎関節症、冷え性、不眠症、頭痛・失感情症などの症状の方がお見えになります。


このページの先頭へ

自律神経失調症・うつ・肩こり・腰痛・耳鳴り・めまい・顎関節症・不眠症・冷え性・失感情症等の方
渋谷区・三軒茶屋・二子玉川・代々木上原・新宿・世田谷区・など首都圏からご来院です。
本院院長が出版しました。

スタッフブログ

自律神経失調症・うつのためのメールマガジン
メールアドレス

うつ・自律神経の整体専門家集団「健療院グループ」

整体師スタッフ募集

代々木上原健療院
〒151-0064
東京都渋谷区上原1-24-3 コリドール大川202
電話 03-6407-235503-6407-2355 / FAX 03-6407-2356


お知らせ

  • 整体の施術に専念できるよう、お昼休みは休養させていただいています。
    12:00~13:35までは留守番電話になります。ご了承下さい。
  • 休院日 2018/7/27(金)11:15~