代々木上原健療院の「紫外線にまつわるQ&A」です。

藤沢本院 川崎分院 上野分院

【お知らせ】

紫外線にまつわるQ&A

8月にもなると、一気に気温が上がり、ジリジリとした強い日差しが照りつけますね。
日焼けをしてしまう方も多いかと思われます・・・。
そこで、今回はみなさんもよく耳にされていることでしょう、「紫外線」にまつわるQ&Aをお伝えしていきたいと思います。


そもそも紫外線ってなんだろう?

一般的に紫外線とは、A波(UV-A)とB波(UV-B)のことを指します。
紫外線はその波長の長さによって以下に分けられます。

紫外線の約9割はA波のUV-Aです。

UV-Aの特徴

UV-Aは波長が長いために、雲や窓ガラスも通り抜けます。
このUV-Aは肌の真皮にまで到達し、肌の張り、弾力に大切なコラーゲン線維等を切断させ、シワやたるみの原因になります。
また、皮膚の細胞を遺伝子レベルで傷つけるほか、皮膚の免疫力も低下させます。
そして、UV-Aは上空のオゾン層にほとんど吸収されない為、1年を通して安定して地球上に降り注いでいるのです。

UV-Bの特徴

UV-Bは、オゾン層の増減により、地上に到達する量が変動します。
そして、浴びると肌が赤くなる日焼け(サンバーン)を引き起こします。
また、大量に浴びると、免疫力の低下や、皮膚ガンや白内障を引き起こす恐れがあります。

UV-Cの特徴

UV-Cは、オゾン層に阻まれ、地上に届くことはありません。


紫外線が一番多い時期は?

オゾン層での吸収がほとんどないUV-A領域の紫外線は、5月が一番多いと考えられています。
UV-Bも含めた総紫外線量は、7、8月の方が多いです。

「紫外線は5月に最も多い」「5月の紫外線は真夏とほぼ同じ」と言われることがありますが、これはオゾン層での吸収がほとんどないUV-A領域の紫外線のことと考えられているそうです。(特に6~7月に梅雨時期となる地域に当てはまります)

一方、UV-B領域の紫外線は、そのほとんどが上空にあるオゾン層で吸収されます。
上空のオゾン層内のオゾン量は、日本付近では春に多く、夏から秋にかけて少なくなる季節変化をしています。
この季節変化によって、UV-AとUV-Bの紫外線の季節による変化が起こっているのです。


UVケアのコツを教えて!

UV対策としては、日焼け止めや日傘、帽子、サングラスなど、夏にする対策と変わりはありませんが、早い時期からスタートすることが大切です。

また、日焼け止めに記載されている"SPF25PA++"などといった表示は以下の効果を示しています。

SPF25の数字の大小
UV-Bの防御効果
PA++の+の数
UV-Aの防御効果

地域にもよりますが、5月、6月はPA数値の高いものを、7月8月はSPF数値が高いものを選ぶなど、時期により日焼け止めを使い分けるといいですね。


日焼け止めの塗り方

日焼け止めの量ですが、例えば顔に塗る場合、クリームタイプであれば真珠2つ分、液状タイプであれば1円玉2枚分の量を十分に使うようにしましょう。
また、鼻の頭やおでこ、肩などは日光が当たりやすく、その部分だけでもこまめに塗り直すと良いです。

そして、盲点なのがあごの下です。
地面からの照り返しで焼けてしまうことが多いので、日焼け止めを塗る際は、一回り大きくカバーするイメージで塗ると良いですね。


紫外線に関するQ&A、いかがでしたでしょうか?
UVケアを意識して生活をしていけるといいですね♪


≪ ストレスで「免疫力」が弱まる | あなたの健康豆知識 | 自律神経の乱れを防ぐ、正しい枕の選び方 ≫


代々木上原健療院(よよぎうえはらけんりょういん)は、
整体療法専門家集団と言われる健療施術院の代々木上原分院。
本院は藤沢市にて1992年からの実績がある。
グループ全体で整体術はもちろんのこと、解剖学・生理学・
姿勢分類学・東洋医学・心理学・栄養学・カウンセリング
技法など症状に関わる全てのことを日々研究・勉強している。


うつ病・自律神経失調症などの対処法を院内研修で常に行っている。

健療施術院主催のうつ病・自律神経失調症の研究会には、神奈川県内からだけでなく、大阪・奈良・仙台・栃木・茨木・埼玉・東京・千葉・高知・新潟・富山・滋賀からも多くの先生が集まっている。

あなたの代役は一人もいません!
あなたが倒れたら、あなたの仕事・家事・子育ては誰がするのですか?
もうダメだと倒れる前に整体院ご来院下さい。

当整体院は、渋谷区・三軒茶屋・二子玉川・代々木上原・新宿・世田谷区など首都圏から来る患者さんが多い整体院です。
自律神経失調症、肩こり、腰痛、めまい、耳鳴り、顎関節症、冷え性、不眠症、頭痛・失感情症などの症状の方がお見えになります。

代々木上原健療院
〒151-0064 東京都渋谷区上原1-24-3 コリドール大川202
電話 03-6407-235503-6407-2355 / FAX 03-6407-2356

整体の施術に専念できるよう、お昼休みは休養させていただいています。
12:00~13:35まではお電話が留守番電話になります。ご了承下さい。

このページの先頭へ

自律神経失調症・うつ病・肩こり・腰痛・耳鳴り・めまい・顎関節症・不眠症・冷え性・失感情症等の方
渋谷区・三軒茶屋・二子玉川・代々木上原・新宿・世田谷区・など首都圏からご来院です。
本院院長が出版しました。

スタッフブログ

自律神経失調症・うつ病のためのメールマガジン
メールアドレス

うつ病・自律神経失調症の整体専門家集団「健療院グループ」

整体師スタッフ募集

QRcode
携帯からもご覧頂けます。

代々木上原健療院
〒151-0064 東京都渋谷区上原1-24-3 コリドール大川202
電話 03-6407-235503-6407-2355 / FAX 03-6407-2356

整体の施術に専念できるよう、お昼休みは休養させていただいています。
12:00~13:35まではお電話が留守番電話になります。ご了承下さい。