健療院グループ
健療院グループ

運動のメリット

2019.11.15更新


こんにちは、院長の佐藤です。

運動が体に良いことは皆さんよく知っていると思います。
では、どういった点が良いかはご存じでしょうか?

今回は自律神経・うつの観点から、運動の特に良い点を2つお話していきたいと思います。

脳が活性化する

体を動かすことによって、脳に様々な刺激が入ってきます。
脳に刺激が入り活性化することによって、脳内のニューロン(神経)同士が結つきます。
うつは、このニューロンの結びつきが弱くなっている状態と言われています。
運動はこの結びつきを取り戻すことで、やる気、思考、感情など脳が正常に働くようにすることが出来ます。

このような運動の効果を証明する研究があります。
156人のうつの人を、抗うつ薬グループ、運動グループ、抗うつ薬と運動グループの3つのグループに分けて、16週間にわたって比べました。
結果は、3つのグループどれも同じ改善率でしたが、6ヶ月後の改善率は、投薬グループは48%、投薬と運動グループは45%だったのに対して、運動グループは70%の改善率でした。
更に、再発率も投薬グループは38%に対して、運動グループはわずか8%に留まったということです。

運動は主体的な行動で「自分で良くしたんだ」という自信を取り戻したことが、再発率の低下に繋がったのではないかと考えられます。

副交感神経が働くようになる

交感神経と副交感神経は比例して働きます。
つまり、交感神経がグンと働くと、その後反動で副交感神経もグンと働きます。
とても緊張した後、その緊張が一気に解けると眠気がしてきたり、「ホッと」リラックスしてくる経験をされた方もいるのではないでしょうか。

運動は交感神経を働かせるものですので、その後副交感神経が働きやすくなります。
その運動強度によってその効果は違ってきます。
全力ダッシュした後は、座り込んだり横に倒れこんだりして何も考えられなくなるはずです。
いかに交感神経を働かせるかが、副交感神経を働かせることにもなるのです。

自分に合った運動量で始めよう

くれぐれも運動は段階的に行ってください。
うつにも症状の強さが異なります。
散歩から早歩き、そしてジョギングへ...など、運動強度や時間などで調節してください。

また、一人ではなかなか続かない方は、家族や友人などと一緒に協力をしてもらって運動するのも良いでしょう。



このページの先頭へ

自律神経失調症・うつ・肩こり・腰痛・耳鳴り・めまい・顎関節症・不眠症・冷え性・失感情症等の方が多くご来院しています。
本院院長が出版しました。

スタッフブログ

自律神経失調症・うつのためのメールマガジン
メールアドレス

うつ・自律神経の整体専門家集団「健療院グループ」

スタッフ募集

代々木上原健療院
〒151-0064
東京都渋谷区上原1-24-3 コリドール大川202
電話 03-6407-235503-6407-2355 / FAX 03-6407-2356


お知らせ

  • 施術に専念できるよう、お昼休みは休養させていただいています。
    12:15~13:35までは留守番電話になります。ご了承下さい。
  • 2019年12月30日(月)~2020年1月5日(日)は年末年始休業とさせていただきます。
    1月6日(月)は13:45に開院いたします。