健療院グループ
健療院グループ
  • ホーム
  • 「こうあるべき」の弊害

「こうあるべき」の弊害

2019.03.15更新


こんにちは。院長の佐藤です。

最近、患者さんとお話をしていて感じることがあります。
それは「こうあるべき・こうあってはならない」という思考が必要以上に多いということです。

こういった「こうあるべき・こうあってはならない」というのは、社会のルールでは必要ですね。

しかし、個人的な部分でも「こうあるべき・こうあってはならない」が多いことで、無意識にストレス状態になっている方が多くいらっしゃいます。


例えば、
朝、「起きなきゃ!」というのと、
今日は「あれをやるために起きよう!」というのではまるで違います。

私たちの脳は、目的が無いことをするのを苦痛に感じます。

これらは、一見こういうものでしょ?と言う価値観ですね。

果たして本当にそれは自分に当てはまる価値観なのでしょうか?


多くの場合、これらは自分の価値観ではない、他の外部の価値観です。
「こうあるべき」という義務感で生きていることになります。

するとやがて、

という状態に陥っていくことになります。
つまり、自分で生きているというよりも、他の何かで生きている感覚になるのです。
一日24時間のうちのほとんどが義務で苦痛な時間であれば、意欲的なエネルギーは湧いてきづらくなりますね。


もし、あまり気力が湧かない方は、「こうあるべき」が多くなっていないかチェックしてみることをお勧めします。
こうあるべきということを10個書いて、1つ1つ「?」マークをつけてみてください。
それは果たして本当に義務なのか欲求なのかを点検してみることをお勧めします。

義務になっていることが、5つ以上あれば要注意です。
日常の他の行動も義務の可能性が大きいでしょう。
何のためにやっているのかを再度見直すことをお勧めします。



このページの先頭へ

自律神経失調症・うつ・肩こり・腰痛・耳鳴り・めまい・顎関節症・不眠症・冷え性・失感情症等の方が多くご来院しています。
本院院長が出版しました。

スタッフブログ

自律神経失調症・うつのためのメールマガジン
メールアドレス

うつ・自律神経の整体専門家集団「健療院グループ」

整体師スタッフ募集

代々木上原健療院
〒151-0064
東京都渋谷区上原1-24-3 コリドール大川202
電話 03-6407-235503-6407-2355 / FAX 03-6407-2356


お知らせ

  • 整体の施術に専念できるよう、お昼休みは休養させていただいています。
    12:15~13:35までは留守番電話になります。ご了承下さい。
  • 休院日 2019/6/5(水)