コラーゲンの基礎知識Q&A

更新日:2015.06.12

執 筆:整体師 高木裕司

最近、巷でアンチエイジングという言葉を当たり前のようによく耳にするようになりましたね。

若返りに効く成分はたくさんありますが、今回は美容効果で女性たちの間で話題になっているコラーゲンについて取り上げてみたいと思います。

コラーゲンってそもそも何?

アミノ酸が多数結合して出来たタンパク質の一種で、皮膚だけでなく筋肉・内臓・骨などあらゆる組織に存在しており、細胞と細胞をくっつける「のり」のような働きをします。

美容効果ばかり知られていますが、実は人間が生きていく上で必要不可欠なものなんですね。

コラーゲンを多く含む食品は?

  • 豚足
  • 手羽先
  • 牛筋

などの肉類

  • いわし
  • さんま
  • かれい
  • フカヒレ

などの魚介類に多く含まれます。

ゼラチンから作られたゼリーにも豊富にコラーゲンが含まれています。

摂取量、サプリメントから摂取するときの注意は?

摂取量は、最低でも一日2グラム、美容や健康の効果を出すためには5グラム以上が必要です。

コラーゲンが含まれるサプリメントはたくさんの商品がありますが、中には粗悪なものもありますので、天然由来の成分なのか、原材料は何なのか、など購入の際には気を付けた方がよいでしょう。

海洋性のものと動物性のものがありますが、吸収性、安全性共に海洋性のものが優れているようです。

ドリンクやサプリメントの場合ですが、お肌の新陳代謝のゴールデンタイムは午後10時から午前2時なので、美容の為には、この時間帯の少し前に摂取してから就寝するのが効率的でしょう。

コラーゲンといっしよに摂取するとよい成分は?

  • ビタミンC
    コラーゲンの吸収と合成を促進
  • ビタミンE
    若返りビタミンといわれるぐらい抗酸化作用が強い
  • ヒアルロン酸
    わずか1グラムで6リットルも保水できる潤い効果がある
  • コエンザイムQ10
    コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の合成を促進する

など

コラーゲンの効果

学者の中には、コラーゲンの経口摂取は理論上効果がないという方もいますが、実際は実験でも効果が上がっており、多くの方が効果を体で実感しているのが現実です。

コラーゲンに限らず、他の成分においても人によってはすごく効果が出たり出なかったりと体質的なところもありますので、自分にあったものを探す事が大切かもしれませんね。

症状対策