健療院グループ
健療院グループ

今昔物語 神田昌紀 VOL.1

さて、私が誕生したのは新潟県の中でも日本海に沈む夕日の綺麗な町です。
そしてもちろん冬になると海風があたりとても寒~い町です。
新潟生まれ新潟育ちということもあり幼少期は色白で(今も色白ですが...)そして、おいしいコシヒカリを食べて育ったので、少しぽっちゃり系の子どもでした。

私は4つ年上の姉がいます。
当時のことを母に聞くと姉はとてもやんちゃな感じですが私は正反対でとてもおとなしく手のかからない子供だったようです。
そして健康にすくすく育ち幼稚園に入ると徐々に悪ガキ!?アホっぷり!?が目立ってくるのでした。
今回はそんな幼稚園時代から2つのお話を紹介します。

まず1つ目はとても痛~い体験談です。
これは幼稚園の年中の頃の出来事です。
ある日、私はいつものように友達と園内のホールで遊んでいました。
すると当時は一生懸命遊んでいたのか、なぜか前を見ないで友達を見たままダッシュし続ける私。
するとそのままステージに顔面を強打!口元は血だらけで前歯がグラグラの状態、そのまま病院へ…しかしギャンギャン泣きわめくことなくその時は涙をこらえていたそうです。

今となっては笑い話ですが当時はめちゃくちゃ痛かった思い出があります。
ドジな子供ですね~(笑)

そして2つ目は幼稚園の運動会での出来事です。
これは私が大きくなってから当時の運動会の様子をホームビデオで見てみると、障害物競走に出ていました。
その中の一つにダンボールで出来たトンネルがありました。
私の周りの子たちは障害物を1つ1つしっかりクリアしてトンネルもしっかりくぐっていました。
私も本来そこのトンネルをくぐるはずが……。

なんと私だけトンネルの脇を猛ダッシュ!!そうです!何もなかったかのようにスルーしたのです。
インチキで悪い奴ですね~気づいていないとしたらそれもそれ問題ですけどね(^^;)
そのままゴールしてもちろん1位!…と思って喜んでいる私。

こんな感じで幼稚園をマイペースに過ごす私。
マイペース過ぎてこのまま育っていたらとても心配な大人になってしまう気もしますが…。

次回はバスケットに熱中していた小学生時代のお話からのスタートです!




このページの先頭へ

自律神経失調症・うつ・肩こり・腰痛・耳鳴り・めまい・顎関節症・不眠症・冷え性・失感情症等の方が多くご来院しています。
本院院長が出版しました。

スタッフブログ

自律神経失調症・うつのためのメールマガジン
メールアドレス

うつ・自律神経の整体専門家集団「健療院グループ」

スタッフ募集

代々木上原健療院
〒151-0064
東京都渋谷区上原1-24-3 コリドール大川202
電話 03-6407-235503-6407-2355 / FAX 03-6407-2356


お知らせ

  • 施術に専念できるよう、お昼休みは休養させていただいています。
    12:15~13:35までは留守番電話になります。ご了承下さい。