健療院グループ
健療院グループ

今昔物語 神田昌紀 VOL.2

私は小学校の入学前に引っ越しをしました。
同じ新潟県内ですが冬はとても寒~い日本海側の町です。
小学校は日本海と佐渡島が見えるとても景色の良い場所でした。
ワクワクした気持ちの中いよいよ小学校生活のスタートです!

この家に引っ越してからは毎日バスケットづけの生活の始まりです。
というのは私の父親がバスケット好きということもあり家にバスケットゴールが置いてありました。
それからは私もいつの間にかにバスケが好きになり、気づくと毎日外が真っ暗になるまで友達とバスケをして遊んでいました。

またある放課後は、公園で缶蹴りや野球など外で遊ぶ毎日。
あまりにも熱中しすぎて門限を過ぎても家に帰らないことがあり、親にめちゃくちゃ叱られた思い出があります。

そしてそのまま小学校の高学年になると、その友達とバスケ部に入部し県内で1位2位を争うほどのチームになりました。
バスケのおかげで運動神経は良い方でした。
しかし、なかなか勉強の方は手がつかず成績はイマイチでした。

中学校に入学し、もちろんバスケ部に入部。
中学では厳しい先生のため練習中は何かあるごとに全て大声で返事をしないと、その都度練習が止まり全員でひたすらダッシュ。
この頃は毎日ヘトヘトに疲れ切っていました。
さらに何か校則違反をするだけでも連帯責任で全員ダッシュ。
こんなこともあり当時は先生と話をするだけでもビクビクしていましたが、体力的にも精神的にも鍛えられ、今では良い思い出です。

そしてそのまま地元の高校に進み、高校2年になると小遣い欲しさからアルバイトを始めました。
ラーメン屋のアルバイトでしたがそこで出会ったスタッフの方たちが、今思うと専門学校に進学するきっかけになったのかなーと思います。
というのもたまたまそこにはバイクや自動車好きの人、元整備士の方が沢山働いていたので色々話を聞くうちに徐々に自動車などに興味を持ち始めました。
ここまで読んでいて「ん?整体じゃなくて自動車?」と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、実は私、だいぶ遠回りして今の整体の仕事と出会いました。

そしてそのまま進路相談の時期になると「どうしようかな~」と思い、当時はいろいろな事を体験してみたかったので大学や調理学校、服飾系の体験入学へ行き、様々な分野を視野に入れていました。
しかしちょうどそのころは周りにバイクや自動車好きな人や整備をされていた先輩の話を聞くことが多く、F1にはまっていたこともあり自動車系に気持ちが行き、自動車整備の専門学校へ行くことに決定。
そして順調に地元の自動車専門学校へ入学するのです。
この学校を選んだことが、この先自分でも考えてもいなかったような大きな決断をするきっかけになったのでした。

今回はここまで。次回は専門学校編です!




このページの先頭へ

自律神経失調症・うつ・肩こり・腰痛・耳鳴り・めまい・顎関節症・不眠症・冷え性・失感情症等の方が多くご来院しています。
本院院長が出版しました。

スタッフブログ

自律神経失調症・うつのためのメールマガジン
メールアドレス

うつ・自律神経の整体専門家集団「健療院グループ」

スタッフ募集

代々木上原健療院
〒151-0064
東京都渋谷区上原1-24-3 コリドール大川202
電話 03-6407-235503-6407-2355 / FAX 03-6407-2356


お知らせ

  • 施術に専念できるよう、お昼休みは休養させていただいています。
    12:15~13:35までは留守番電話になります。ご了承下さい。